寿命に合わせて鍵交換を依頼しておけば鍵トラブルを防げる

「鍵が抜けない!」そんな時の対処はプロに相談するのが早い 「鍵が抜けない!」そんな時の対処はプロに相談するのが早い

鍵交換で鍵トラブルともおさらば!

精密機器の錠前には、寿命があります。錠前に不具合を感じたり、使用年数が長期に渡る場合は交換も検討しましょう。鍵が抜けなくなったなどの不意の鍵トラブルにあわないために、定期的な鍵の交換をして、防犯面からも見直しましょう。

鍵の寿命は10~15年

男性

鍵が抜けなくなった場合には、様々な原因が考えられますが、精密機器である錠前には、寿命があるということを理解しておく必要があります。使用環境や、製品などにより差はありますが、5〜10年が錠前の平均寿命です。鍵トラブルなどにあわない限りは、大半の方は鍵を交換しません。しかし、経年劣化などにより、突然、故障することがあります。使用年数が長期に渡る場合は、交換を検討する必要があります。

鍵交換に関するQ&A

鍵を持ち歩かなくてもいいデジタルキーはありますか?
鍵を持ち歩くのが面倒な方には、ボタンやテンキーなどで暗証番号を入力することで開錠する、暗証番号錠があります。鍵の紛失などのトラブルがなく、暗証番号さえ間違わなければ誰でも使用できます。暗証番号錠には、機械式と電気式の2種類があります。
また鍵が抜けなくなったらと思うと心配です。鍵を差し込まなくていいタイプのものに交換することは可能ですか?
鍵を差し込まなくてもいいタイプのものには、指紋認証キーがあります。指紋認証のメリットは、自分自身の指が鍵の代わりになることです。そのため、紛失や盗難などのトラブルがありません。鍵穴もないので、ピッキングなどの心配がありません。
車と同じように鍵のボタンを押しただけで開けることができるものはありますか?
電子キーの中には、扉に近づくと鍵が開錠するものや、リモコンなどを使って鍵を開錠する、スマートタイプの電子キーがあります。非常に便利で、カードや携帯電話などを使用して開錠することも可能で、自動で鍵が閉まるものもあります。

鍵の知識を知ることは大切なこと

シリンダーと鍵

鍵が抜けなくなったなどの鍵トラブルにあった場合、焦らず、まずは冷静に対応しましょう。そして普段から、鍵に対する知識を深めておきましょう。鍵の知識を深めることは、防犯の知識を学ぶことに繋がります。鍵トラブルは、いつ訪れるかは誰にもわかりません。普段から鍵の種類や構造を把握しておくことで、不意に訪れる鍵トラブルに冷静に対応しましょう。

TOPボタン