鍵が抜けなくなる鍵トラブルは鍵屋とメンテナンスで解決

「鍵が抜けない!」そんな時の対処はプロに相談するのが早い 「鍵が抜けない!」そんな時の対処はプロに相談するのが早い

いきなりの鍵トラブル!焦らず冷静に対処しよう

急に鍵が抜けなくなったなどの、鍵トラブルに見舞われた場合には、鍵を上下左右に動かしたり、シリンダー内部のゴミを吹き飛ばすなどの対処をして、焦らず冷静に対応しましょう。それでも抜けない場合には、無理をせずに鍵屋を呼びましょう。

鍵が抜けなくなった時の対処法

左右どちらかに回しながら抜く
鍵が抜けなくなる原因として特に多いのが、ピンが内部で引っかかることで起こるトラブルです。引っかかりを解消する方法として、鍵を左右に回しながら抜く方法があります。左右に力を弱く入れながら回すことで、簡単に抜けることがあります。
上下に動かしながら抜く
左右に回して鍵を抜く方法以外に、同じ様な方法として、上下に動かしながら抜く方法があります。この方法もピンの引っかかりを解消するのに有効な方法です。注意点として、左右に回す時と同様に、弱く力を入れながら抜くのがポイントです。
シリンダー内部のゴミを取り除く
鍵が抜けなくなる原因として、ピンが引っかかる以外にも、シリンダー内部にゴミが入ることでも発生します。この場合は、エアダスターなどで内部のゴミを吹き飛ばすことで解消します。エアダスターなどがない場合は、自転車用の空気入れを代用してゴミを吹き飛ばすことが出来ます。

抜けそうにない場合は無理に抜かずに鍵屋を呼ぼう

鍵が抜けなくなったなどの鍵トラブルの原因として、ピンの引っかかりや、シリンダー内部のゴミ以外にも、違う合鍵を差し込んだ場合や、スペアキーの変形や破損などがあります。スペアキーや合鍵が抜けなくなった場合には、絶対に無理に抜こうとしてはいけません。鍵穴を破損してしまう可能性があります。焦らずにゆっくりと手前に引きながら、鍵の角度を少しずつ変えて抜いてみましょう。それでも抜けない場合は無理をせずに、鍵屋を呼びましょう。

鍵が抜けなくなる原因

鍵穴に溜まった異物や鍵に付着したゴミ、鍵穴の潤滑剤の減少やスペアキーの不具合などにより、鍵が抜けなくなります。

鍵穴に異物がたまっていると、鍵トラブルが起きる場合があります。

鍵穴の溝にホコリやチリなどの異物がたまり、鍵との噛み合わせが悪くなることで抜けなくなることがあります。防犯性が高く精密で複雑な構造を持つ、ディンプルキーなどは、特に外的な影響を受けます。掃除機で年に2〜3回は鍵穴を掃除することを心掛けましょう。

鍵にゴミが付いていると抜けなくなることがあります。

鍵自体にゴミなどが付着しているために、鍵が抜けなくなる事例もよくあります。よくあるゴミには、服の繊維などがあります。出かける際にポケットなどに鍵を入れると、鍵の溝や凸凹などに服の繊維が知らぬ間に付着してしまいます。この場合は、歯ブラシなどを利用して掃除をしましょう。

鍵穴の潤滑剤が少なくなっているのかもしれません。

鍵穴の潤滑剤が少なくなることで動作が悪くなり、鍵が抜けなくなることがあります。ですから、鍵穴専用の潤滑剤を使用してメンテナンスをしてください。さまざまな市販品がありますが、錠前メーカーの専用品を選ぶようにしましょう。潤滑剤は、鍵穴を掃除してから使用すると効果があります。

スペアキーを使っている人は要注意です。

鍵屋で作ってもらったスペアキーが粗悪品だった為に、鍵の抜き差しのたびにキーシリンダー内部の部品を傷つけてしまい、鍵が抜けなくなることがあります。この場合、スペアキーの精度を見極めるのは素人には困難なので、少しでもおかしいと感じた際は、使用をやめてください。

TOPボタン